セミナー開催予定

国際社会で活躍できるグローバル人材を育成するために、「知識を自分の言葉で話せる人」を育てる研修を実施しませんか?一般社団法人世界貿易センター東京では単独主催と株式会社プロネクサス共催のセミナーを両建てで開催し、各分野の弁護士、公認会計士、税理士、コンサルタントなど、経験豊富な一流の専門家が講師を担当する各種セミナーを提供させて頂いております。

2018年4月5日・6日

プロネクサス主催:【新入社員研修】新入社員のための会計力の基礎の基礎

プロネクサス主催:【新入社員研修】新入社員のための会計力の基礎の基礎
 本講座では、新入社員の皆様にビジネスパーソンとして必要な「会計力の基礎の基礎」を解説いたします。
会社の数字(会計)を知らずに会社(ビジネス)のことは理解できません。会計の仕組みを知ることは会社の仕組みを知ることにつながります。また、会計の仕組みを把握することで、上司、先輩の話をより深く理解することができ、さらに、会社や部門の目標に対して自分が何をしなければならないのかが理解できます。
 本講座では、簿記の基本と財務諸表の見方を通して、実際に演習等を交えながら、実践的にわかりやすく「会計力の基礎の基礎」を学んでいきます。本講座の内容を理解することで、皆様の会計力は間違いなく向上します。
 新入社員の皆様のご参加をお待ちしています。
【講師】伊藤 浩司 氏:中小企業診断士/アクアナレッジファクトリ株式会社
お問合せはこちらから

2018年4月3日・4日

プロネクサス主催:【新入社員研修】新入社員のためのビジネスマナー基礎研修

プロネクサス主催:【新入社員研修】新入社員のためのビジネスマナー基礎研修
 マナーは顧客満足の第一歩と言えます。なぜなら、今や製品、商品、技術が良くてもそれだけではお客様は満足しません。プラス “接客態度やマナー”などの“人”の部分も含めたトータルが良くて、はじめて「品質」が良いと認められる時代です。ただ、いくら誠意や気持ちがあってもそれを上手に表現する術を知らなければ、お客様には伝わりません。
 この講座では、ビジネスマナーの具体的で、現実的な表現の仕方を学んでいただきます。
≪セミナーのポイント≫
①実習・ロールプレイング中心の受講者参加型の研修です。 
②受講者のマナー習得状況をビデオ撮影し、その視聴を通してご自分の基本動作の長所短所を確認していただきます。
 
【講師】鈴木 勝美 氏:株式会社ミズ・インターナショナル チーフ・インストラクター
お問合せはこちらから

2018年4月3日

プロネクサス主催:【新入社員研修】社会人としての仕事の基本

プロネクサス主催:【新入社員研修】社会人としての仕事の基本
 古き良き日本型経営が過去のものとなり、社員一人ひとりに自立が求められる時代、新入社員への期待も大きく変わり始めています。これまでのように10年かけてじっくり育ってほしいというスタイルから、できる限り早く結果を出してほしいという方向にシフトしてきています。一方で、新入社員の側にも、長い下積みより、すぐに価値ある仕事を任せてもらいたいという志向が強くなっています。社会全体が即戦力指向になってきているのです。
 しかし、即戦力の養成と促成栽培は違います。早く一人前になりたければこそ、たしかな基礎力を固めるべきなのです。この講座では、1人の社会人として責任ある仕事を進めるための能力として以下のスキルを扱います。
 ①社会人の基本的な心構え
 ②仕事の組み立て方を理解する段取り力とマナー
 ③実際の仕事で出会う問題解決力
 ④周囲と協調して仕事を進めるための報・連・相の基本
 ⑤周囲に受け入れられるコミュニケーションの進め方
 これらのどれか一つが欠けても、職場では前に進めなくなります。OJTの前に、新入社員には是非学んでもらいたいベーシックスキルばかりです。
 本講座の特徴は以下のとおりです。
 (1)「自分に求められる能力」を正しく認識し、会社の期待にこたえるための自己啓発を促します。
 (2)仕事の始め方、進め方、振り返り方といった、仕事の手順に従って基本を学んでいきます。
 (3)基本と原則を重視し、基礎力の養成を目指します。
※聞くだけの座学ではなく、グループ討議や実習(やってみる、書いてみる)を多く取り入れます。
 
【講師】角渕 渉氏:経営コンサルタント・産業カウンセラー/アクアナレッジファクトリ株式会社
お問合せはこちらから

2018年2月14日

プロネクサス主催:新入社員フォローアップ研修

プロネクサス主催:新入社員フォローアップ研修

 社会人1年目が過ぎようとするころ、2年目の飛躍に向けた振り返りが重要になります。2年目になれば、すでに新人ではありません。また、自分の下に後輩が入ってくることも考えられます。新人意識を払しょくするとともに、すべてを教えてもらえる立場から脱皮し、自分の力で歩き始められる準備としても振り返りが重要です。本講座では、今年度の新入社員を対象に、新人研修で学んだ知識と、1年間で体験したこと(成功体験、失敗体験)を振り返る機会を提供します。
 加えて、これから長い社会人としての人生を有意義なものにするために、自分自身のキャリアプランを考え目標とその達成方法についても簡単に考えていただきます。さらに2年目以降に重要になるスキルとして、相手に合わせたコミュニケーションの方法とビジネス文書の書き方に関する基礎的な学習も行います。
※聞くだけの座学ではなく、グループ討議や実習(やってみる、書いてみる)を多く取り入れます。

【講師】角渕 渉 氏:経営コンサルタント/アクアナレッジファクトリ株式会社

お問合せはこちらから

2018年1月23日

プロネクサス主催:総務部門のためのビジネス法務

 企業活動の中心は『取引』すなわち『契約』であり、総務部門は契約締結業務のバックアップとして契約書関連業務(契約書のチェック、作成、管理等)を担っています。
 この契約書関連業務をこなしていくためには、契約書という文書に関する事柄を理解する必要がありますが、そのためには、「契約とは何か」という基本的な事柄を理解しておかなければなりません。また、契約書を扱っていれば、印鑑と印紙税の問題も避けては通れません。
 本講座では、契約法の基本的知識を具体的に分かりやすく解説し、それを踏まえ、契約書という文書に関する事柄を体系的に解説します。また、印鑑と印紙税について、実務に即した観点から具体的に解説します。さらに、契約以外に、『縁の下の力持ち』的部署として押さえておくべき関連法令についても、総務部門として求められる視点をわかりやすく解説します。
 
【講師】鈴木 瑞穂  氏:元KPMGあずさビジネススクール 講師

お問合せはこちらから

2018年1月16日

プロネクサス主催:今さら聞けないビジネス契約書入門

 ビジネスの最前線では、日々取引/商談が交わされています。この取引/商談が「契約」に他なりません。事務担当者および営業担当者としては、取引/商談を安全確実に行うために、「契約を作っているのは自分自身だ」という認識と「契約」に関する基本的な知識を身につける必要があります。また、「契約」が成立すると「契約書」が作成され、「印鑑」が使われます。契約内容によっては「印紙税」が課される場合もあります。従って、事務担当者および営業担当者としては「契約書」、「印鑑」、「印紙税」についての基本的な知識も必要になります。さらに、取引を安全に進めるためには、ビジネスの現場で触れる可能性の高い法令についても知っておく必要があります
 本講座では、上述の必要性について、具体的事例を通じてわかりやすく解説します。 
(1)契約と日常業務との関連性を踏まえながら、契約の基本を具体的に解説します。
(2)契約書について、単なる知識学習・条文解説ではなく、具体的事例を多用しながら多角的に解説します。
 
【講師】鈴木 瑞穂  氏:元KPMGあずさビジネススクール 講師
お問合せはこちらから

2017年12月14日

プロネクサス主催:管理職対象 ハラスメント防止研修

 昨今、痛ましい企業内のハラスメント事件が報道され、本質や原因を理解しないまま、「ハラスメント」の言葉だけが先行し、強く叱るだけで、「パワハラだ」と言う人が増えています。そういった環境の中、管理職・後輩指導担当は叱るにも叱れない状況が発生しているのではないでしょうか?人材不足が蔓延化していることもあり、「叱って辞められたらどうしよう」「強く言ったらパワハラと言われてしまうかもしれない」と怖がっていては部下・後輩を育てていくことは困難です。
 これからの時代は、これまでの様に人材を同じように育てていくのではなく、一人ひとりの個性や能力にあった育て方が必要になります。そのために時には叱り、時には褒めて、能力を伸ばしていく「加点主義」の育成方法を実践することが必要だと考えます。
 本セミナーでは、ハラスメントについての基礎知識を学ぶと同時に、多様な人材を受け入れていく上で、必要な知識であるマタニティハラスメント、ケア(介護)ハラスメント、そしてLGBTについての知識も得て頂き、さらに部下・後輩の実力を伸ばす指導方法をケーススタディで習得頂きます
  (1)プロネクサスの社内の会場で実施し、お一人でも参加可能ですので人目を気にすることは不要です。
  (2)ハラスメントの問題について、基本的な概念を具体的に解説します。

【講師】倉本 祐子 氏:ダイヤモンド・コンサルティングオフィス合同会社 代表
           ハラスメント研修専門講師、国家資格キャリアコンサルタント

お問合せはこちらから

2017年11月23日

日本マレーシア経済協議会主催:第35回合同会議

 日本マレーシア経済協議会(JAMECA)は、マレーシアの投資・ビジネス環境に関する情報収集、調査研究ならびに政府・経済界との交流活動等を行っており、本年設立40周年を迎えました。また、日本とマレーシアの相互理解と親善および通商、投資、経済協力の促進を目的に、マレーシア日本経済協議会(MAJECA)をカウンターパートに1977年から合同会議を年1回開催しています。
 このほど、11月23日(木)に第35回目となる合同会議をクアラルンプールにて開催いたします。
 「JAMECA-MAJECA~40周年を越え、次の10年へ」をメインテーマに、ITやハラルなどの新産業の可能性について各企業からのご講演をいただく予定です。また、合同会議翌日には、マレーシア・通信マルチメディア省傘下の政府機関であるマレーシアマルチメディア開発公社(MDEC)やIT関連企業を視察いたします。
 つきましては、本合同会議を充実した会合といたしたく、本委員会メンバーのみならず、マレーシアでの事業展開に関心をお持ちの企業にも広くご参加賜りたく、ご案内申しあげる次第です。

主催:日本マレーシア経済協議会
後援:一般社団法人世界貿易センター東京

お問合せはこちらから

2017年11月21日

プロネクサス主催:コンプライアンス・スキルアップ研修

プロネクサス主催:コンプライアンス・スキルアップ研修

 コンプライアンス経営とはマネジメントの延長に他なりません。したがってコンプライアンス経営の実現のためには正しいマネジメントの実践が前提となります。その意味でコンプライアンス教育とはマネジメント教育であるともいえます。職場のコンプライアンスは確かなマネジメントスキルを身に着け、それを実践する管理職によって支えられています
 一方で、通常のマネジメント教育ではコンプライアンスリスク対策について、深く触れられることはまれです。そのため、職場のコンプライアンス経営は、管理職が実務経験を通じて習得、または自己啓発を通じて習得したリスクマネジメントスキルによって支えられている状況です。
 しかし、昨今のようにコンプライアンス問題に対する社会の関心が高まり、それにともなって企業が被る損失の増大に鑑みて、コンプライアンスリスク対策を管理職の個人スキルに任せておくことは危険になってきています。そこで本講座では、管理職に求められるコンプライアンスリスク対策のスキルに焦点を絞り、集中的な学習を行います。ベースとなるマネジメントスキルは人事部門主催の階層別研修や日々の実務の中ですでに習得されていることを前提に、コンプライアンスリスクの発見と対策に必要な知識について学んでいただきます。
 職場のコンプライアンスリスクの自己診断とその解説、ケースを題材とした意見交換などを通じて学習を進めます。

【講師】角渕 渉 氏:経営コンサルタント/アクアナレッジファクトリ株式会社

お問合せはこちらから

2017年10月19日

第173回WTC合同講演会:小島 明 氏「日米中の不確実な経済・それぞれの課題」

第173回WTC合同講演会:小島 明 氏「日米中の不確実な経済・それぞれの課題」

今回の合同講演会は、弊社団会長であり、日本経済研究センター参与、政策研究大学院大学理事・客員教授の小島明を講師に迎え「日米中の不確実な経済・それぞれの課題」というテーマで講演して頂きます。GDP三大国は歴史的な岐路調整期にある。“中国の改革渋滞”、トランプの米国の自由貿易疲労、新たな発展モデルを模索するデフレと人口減少の日本。新局面の三大国の実相を考察してみよう。
万障お繰り合わせの上、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

【講師】小島 明 氏:一般社団法人世界貿易センター東京会長/日本経済研究センター参与/政策研究大学院大学理事・客員教授

WEB視聴お申し込みはこちら

2017年7月6日

第172回WTC合同講演会:大西 康雄 氏「中国の『一帯一路』構想と対外経済政策の新展開」

第172回WTC合同講演会:大西 康雄 氏「中国の『一帯一路』構想と対外経済政策の新展開」

今回の合同講演会では、日本貿易振興機構アジア経済研究所新領域研究センター・上席主任調査研究員の大西康雄氏をお迎えして「中国の『一帯一路』構想と対外経済政策の新展開」(仮)というテーマで講演して頂きます。皆様の奮ってのご参加をお願い致します。

【講師】大西 康雄 氏:日本貿易振興機構アジア経済研究所新領域研究センター・上席主任調査研究員

WEB視聴お申し込みはこちら

2017年6月8日

第171回WTC合同講演会:藤崎 一郎 氏「日米関係の新たなる展開」

第171回WTC合同講演会:藤崎 一郎 氏「日米関係の新たなる展開」

今回の合同講演会では、一般社団法人日米協会会長/一般社団法人世界貿易センター東京副会長であり、前駐米大使を務めた藤崎一郎氏をお迎えして「日米関係の新たなる展開」(仮)というテーマで、トランプ新政権発足後の新たなる日本との関係を世界情勢を踏まえ今後の展望について講演して頂きます。皆様の奮ってのご参加をお願い致します。

【講師】藤崎 一郎 氏:一般社団法人日米協会会長/一般社団法人世界貿易センター東京副会長

WEB視聴お申し込みはこちら

2017年2月2日

第170回WTC合同講演会:若島 司 氏「コニカミノルタの「エンパワーメント経営」~「健康経営」と「働き方改革」」/WTC青年部とのパネルディスカッション

今回の合同講演会では、第一部講師にコニカミノルタ株式会社 常務執行役人事部長 若島 司 氏をお迎えして『コニカミノルタの「エンパワーメント経営」~「健康経営」と「働き方改革」』というテーマで講演して頂きます。第二部はWTC青年部と、ヒューマン・フロンティア株式会社 代表取締役社長 神沢 裕 氏をコ-ディネーターにお迎えして講演会の内容につきパネルディスカッションを開催させて頂きます。
また今回は、第一部と第二部の間にコーヒーブレイクでの名刺交換会を開催させて頂きます。皆様の奮ってのご参加をお願いします。
【第一部・講演】
<講師>
若島 司 氏:コニカミノルタ株式会社常務執行役人事部長
【第二部・パネルディスカッション】
<パネリスト>
若島 司 氏:コニカミノルタ株式会社常務執行役人事部長
瀬戸 慶太郎:WTC青年部部長/株式会社エンターテック代表取締役社長
片山 謙之介:WTC青年部幹事長/有限会社片山工業代表取締役
大達 一賢:WTC青年部/エジソン法律事務所弁護士
<コーディネーター(予定)>
神沢 裕 氏:ヒューマン・フロンティア株式会社代表取締役社長

WEB視聴お申し込みはこちら