セミナー開催予定

国際社会で活躍できるグローバル人材を育成するために、「知識を自分の言葉で話せる人」を育てる研修を実施しませんか?一般社団法人世界貿易センター東京では単独主催と株式会社プロネクサス共催のセミナーを両建てで開催し、各分野の弁護士、公認会計士、税理士、コンサルタントなど、経験豊富な一流の専門家が講師を担当する各種セミナーを提供させて頂いております。

2018年5月18日

プロネクサス主催:はじめて学ぶ「有価証券報告書」

プロネクサス主催:はじめて学ぶ「有価証券報告書」

 上場有価証券を発行する企業において作成が求められる有価証券報告書。この報告書は、企業情報の宝庫であり、かつ誰もが無料で入手できる非常に信頼性の高い情報です。このような有用な報告書を利用することができないということは、ビジネスパーソンとしての情報リテラシーが欠如していると言われても、仕方がありません。その一方で、ある程度の専門知識がないと正確に読みこなせないのではないか、との疑問も当然あるかと思います。
 有価証券報告書の中心的な情報は財務情報であり、それを読みこなすためには会計の知識が不可欠であるのは間違いありませんが、有価証券報告書の概要を理解することで、企業の全体像を把握することは十分可能です。
 本セミナーでは、実際の有価証券報告書を読んでいただくことで、知りたい情報がどこに記載されているのか、会計の知識がない方でも有価証券報告書を読むことができるようになることを目指します。

【講師】山岡 信一郎 氏:公認会計士/株式会社ヴェリタス・アカウンティング 代表取締役社長
             プロネクサス総合研究所ディスクロージャー基本問題研究会委員

お問合せはこちらから

2018年4月20日

プロネクサス主催:課長研修

プロネクサス主催:課長研修

 課長職は現場の第一線を預かる管理職です。上級管理職として定年を迎えられた方の多くが述懐されるように、「課長時代はサラリーマン生活で最も充実した年月」になり得るものであり、それだけに会社の期待も大きな職位であると言えます。現場を直接指揮し、上司を動かして大きな成果を実現することが期待されているのです。
 管理職である以上、その行動や発言には経営責任が伴います。また一定の範囲で法的な責任が伴うこともあります。一般社員とは一線を画す管理職に任用された方々には、その責任を自覚し、期待される役割を全うできるための特別な学習が必要です。
 
本講座では、管理職(課長職)の重要使命として、①部門方針の提示、②部門業務の掌握、③人材育成の3点を取り上げます。①は部門のリーダーとして一定の経営資源を預かり、部門戦力を最大限に発揮するための絶対必要な役割であり、リーダーシップの源泉ともいえます。②は部門維持のための管理職の定常的な役割であり、ビジネスを維持していくための必須機能です。そして③は現在そして将来の部門業務を支える人的資源の確保です。
 このような広範なスキルについて、一通りの理解を得ていただくことを学習目標といたします。

【講師】角渕  渉 氏:経営コンサルタント/アクアナレッジファクトリ株式会社

お問合せはこちらから

2018年4月19日

プロネクサス主催:管理職対象 コンプライアンス研修

 コンプライアンスという言葉は、今ではすっかり日本のビジネス界に定着しています。その浸透定着の過程で、コンプライアンスという言葉には、「法令遵守」という英単語としての意味以外に、「日本語のビジネス用語としての意味合い」が付加され、我が国の企業人は、無意識のうちにコンプライアンスという言葉を使っているのです。しかし、その「日本語のビジネス用語としての意味合い」が明快に認識できていないために、『コンプライアンスは分かっているような分かっていないような…』といったモヤモヤした感覚を持っている企業人がたくさんいます。
 
本セミナーでは、そのモヤモヤ感を吹き払い、コンプライアンスという言葉の明快な意味内容を提示します。
 
そして、それを基に、管理職としてコンプライアンスとどのように付き合うべきか多角的に解説します。また、具体的なコンプライアンス問題を題材に、どのような点が問題でどのように対処すべきかを分かりやすく解説します。

(1)プロネクサスの社内の会場で実施し、お一人でも参加可能ですので人目を気にすることは不要です。
(2)グループディスカッションにより、コンプライアンスについての考え方等の意見交換・情報交換が期待できます。
(3)管理職としてのコンプライアンスへの取り組みを再認識します。

【講師】鈴木 瑞穂 氏:元・KPMGあずさビジネススクール講師

お問合せはこちらから

2018年4月19日

第174回WTC合同講演会:三浦 宏一「グローバルクライシス・日本」出版記念講演/岸 輝雄 氏「科学技術外交とSTI for SDGs-日本の科学技術のさらなる向上に向けて-」(仮)

第174回WTC合同講演会:三浦 宏一「グローバルクライシス・日本」出版記念講演/岸 輝雄 氏「科学技術外交とSTI for SDGs-日本の科学技術のさらなる向上に向けて-」(仮)

 今回の合同講演会では、第一講演に著書「グローバルクライシス・日本」の発売を記念して弊社団理事長三浦宏一に講演していただきます。第二講演は、弊社団名誉副会長であり外務大臣科学技術顧問の岸輝雄を迎え「科学技術外交とSTI for SDGs ー日本の科学技術のさらなる向上に向けてー」(仮)というテーマで講演して頂きます。皆様の奮ってのご参加をお願い致します。

【講師】(第一講演)三浦 宏一:一般社団法人世界貿易センター東京理事長
    (第二講演)岸 輝雄 氏:外務大臣科学技術顧問/一般社団法人世界貿易センター東京名誉副会長

お問合せはこちらから

2018年4月17日

プロネクサス主催:事業性評価入門「会計・財務の基礎知識とビジネスシミュレーション」

プロネクサス主催:事業性評価入門「会計・財務の基礎知識とビジネスシミュレーション」

 本セミナーでは、まず事業の企画・評価に必要な会計・財務の基礎知識の要点を学習します。配布される簡単なExcelシートを使って、各自で計算方法や数字の意味を確認します。会計・財務の基礎知識は、初歩的な内容です。更に、自分が経営者だったら、利益やフリーキャッシュフローをどう改善するかを考えます。
 引き続き、企画立案者が押さえておくべきプランニングと経営陣への説明のポイント、そして、「数字の遊び」を防ぐ考え方・業務プロセスを学びます。総合演習では、セミナーで解説した考え方を活用して、簡単な仮想プロジェクトの事業価値(NPV)を算出します。また、トルネードチャートやリスク分析などは、難しく聞こえるかもしれませんが、収支や販売など「想定した計画の確からしさを見える化」するものであり、基本スキルを習得すれば誰にでも使いこなせるものです。
 本セミナー受講の結果、計画の企画立案者として、自らがリスク要因をよりよく理解できるようになるとともに、経営者や上司に対しては、直感的に分かりやすく事業の持つリスク要因や大きさを説明できるようになることを目指します。事業の企画・評価に必要な会計・財務の基礎知識をコンパクトに学べることや、演習問題と、丁寧でわかりやすい説明が好評を博している定番の入門セミナーです。

【講師】小川  康 氏:インテグラート株式会社代表取締役社長

お問合せはこちらから

2018年4月12日

プロネクサス主催:≪CFOが知っておくべき≫代表的な経営指標(KPI)の意義と活用事例

プロネクサス主催:≪CFOが知っておくべき≫代表的な経営指標(KPI)の意義と活用事例

 日本企業の業績が回復すると同時に、株主や金融機関を初めとするステークホルダーからの企業に対する期待と要求は、売上、利益の成長、株主還元の強化など、日増しに強いものとなってきています。
 経営計画においては、経営環境の変化を踏まえた全社の経営戦略に始まり、個別事業の重点項目が語られた上で、最後に具体的な経営指標(KPI)による経営目標が明らかにされます。経営計画が実現した暁にはどのような企業の姿となるのか、実現できなかったとすれば何が想定外であったのかをその後明らかにするために、具体的な経営指標を前もって公言することの重要性は、言うまでもありません。
 本セミナーでは企業が中期経営計画においても活用する機会の多い代表的な6つの経営指標を採り上げます。
 指標ごとに、①その指標を目標に掲げる意義、②指標を高めるための具体的な施策、③経営指標を戦略的に活用する先進企業のケーススタディについて解説していきます。
 具体的な企業・事業戦略、経営目標の設定に際し、CFO、またはCFOに準じる方にとって、本セミナーは有益な示唆を得る機会となるものです。

【講師】大津 広一 氏:米国公認会計士/株式会社オオツ・インターナショナル代表
            早稲田大学大学院ビジネススクール(経営管理研究科)客員教授

お問合せはこちらから

2018年4月5日・6日

プロネクサス主催:【2018年度新入社員研修】新入社員のための会計力の基礎の基礎

プロネクサス主催:【2018年度新入社員研修】新入社員のための会計力の基礎の基礎
 本講座では、新入社員の皆様にビジネスパーソンとして必要な「会計力の基礎の基礎」を解説いたします。
会社の数字(会計)を知らずに会社(ビジネス)のことは理解できません。会計の仕組みを知ることは会社の仕組みを知ることにつながります。また、会計の仕組みを把握することで、上司、先輩の話をより深く理解することができ、さらに、会社や部門の目標に対して自分が何をしなければならないのかが理解できます。
 本講座では、簿記の基本と財務諸表の見方を通して、実際に演習等を交えながら、実践的にわかりやすく「会計力の基礎の基礎」を学んでいきます。本講座の内容を理解することで、皆様の会計力は間違いなく向上します。
 新入社員の皆様のご参加をお待ちしています。
【講師】伊藤 浩司 氏:中小企業診断士/アクアナレッジファクトリ株式会社
お問合せはこちらから

2018年4月4日

プロネクサス主催:新任取締役・監査役が知るべき義務と責任

プロネクサス主催:新任取締役・監査役が知るべき義務と責任

 取締役・監査役は、従業員と違い、会社との間で委任者・受任者の立場にたち、善管注意義務など様々な特別な義務と責任を負います。また、コンプライアンスが重視される環境の下、法令を遵守することは当然としても、リスクをとってリターンを狙いに行く企業経営の性質上、図らずも会社に損害が生じることもあります。このセミナーでは、取締役・監査役が知るべき基礎知識とともに、会社・株主・第三者から責任追及訴訟が提起された実例を踏まえて、取締役・監査役が日頃の経営において押さえておくべきポイントを説明いたします。

【講師】三浦 亮太 氏:弁護士/森・濱田松本法律事務所パートナー

お問合せはこちらから

2018年4月3日・4日

プロネクサス主催:【2018年度新入社員研修】新入社員のためのビジネスマナー基礎研修

プロネクサス主催:【2018年度新入社員研修】新入社員のためのビジネスマナー基礎研修
 マナーは顧客満足の第一歩と言えます。なぜなら、今や製品、商品、技術が良くてもそれだけではお客様は満足しません。プラス “接客態度やマナー”などの“人”の部分も含めたトータルが良くて、はじめて「品質」が良いと認められる時代です。ただ、いくら誠意や気持ちがあってもそれを上手に表現する術を知らなければ、お客様には伝わりません。
 この講座では、ビジネスマナーの具体的で、現実的な表現の仕方を学んでいただきます。
≪セミナーのポイント≫
①実習・ロールプレイング中心の受講者参加型の研修です。 
②受講者のマナー習得状況をビデオ撮影し、その視聴を通してご自分の基本動作の長所短所を確認していただきます。
 
【講師】鈴木 勝美 氏:株式会社ミズ・インターナショナルチーフ・インストラクター
お問合せはこちらから

2018年4月3日

プロネクサス主催:【2018年度新入社員研修】社会人としての仕事の基本

プロネクサス主催:【2018年度新入社員研修】社会人としての仕事の基本
 古き良き日本型経営が過去のものとなり、社員一人ひとりに自立が求められる時代、新入社員への期待も大きく変わり始めています。これまでのように10年かけてじっくり育ってほしいというスタイルから、できる限り早く結果を出してほしいという方向にシフトしてきています。一方で、新入社員の側にも、長い下積みより、すぐに価値ある仕事を任せてもらいたいという志向が強くなっています。社会全体が即戦力指向になってきているのです。
 しかし、即戦力の養成と促成栽培は違います。早く一人前になりたければこそ、たしかな基礎力を固めるべきなのです。この講座では、1人の社会人として責任ある仕事を進めるための能力として以下のスキルを扱います。
 ①社会人の基本的な心構え
 ②仕事の組み立て方を理解する段取り力とマナー
 ③実際の仕事で出会う問題解決力
 ④周囲と協調して仕事を進めるための報・連・相の基本
 ⑤周囲に受け入れられるコミュニケーションの進め方
 これらのどれか一つが欠けても、職場では前に進めなくなります。OJTの前に、新入社員には是非学んでもらいたいベーシックスキルばかりです。
 本講座の特徴は以下のとおりです。
 (1)「自分に求められる能力」を正しく認識し、会社の期待にこたえるための自己啓発を促します。
 (2)仕事の始め方、進め方、振り返り方といった、仕事の手順に従って基本を学んでいきます。
 (3)基本と原則を重視し、基礎力の養成を目指します。
※聞くだけの座学ではなく、グループ討議や実習(やってみる、書いてみる)を多く取り入れます。
 
【講師】角渕  渉 氏:経営コンサルタント・産業カウンセラー/アクアナレッジファクトリ株式会社
お問合せはこちらから

2017年10月19日

第173回WTC合同講演会:小島 明 氏「日米中の不確実な経済・それぞれの課題」

第173回WTC合同講演会:小島 明 氏「日米中の不確実な経済・それぞれの課題」

今回の合同講演会は、弊社団会長であり、日本経済研究センター参与、政策研究大学院大学理事・客員教授の小島明を講師に迎え「日米中の不確実な経済・それぞれの課題」というテーマで講演して頂きます。GDP三大国は歴史的な岐路調整期にある。“中国の改革渋滞”、トランプの米国の自由貿易疲労、新たな発展モデルを模索するデフレと人口減少の日本。新局面の三大国の実相を考察してみよう。
万障お繰り合わせの上、奮ってご参加くださいますようご案内申し上げます。

【講師】小島 明 氏:一般社団法人世界貿易センター東京会長/日本経済研究センター参与/政策研究大学院大学理事・客員教授

WEB視聴お申し込みはこちら

2017年7月6日

第172回WTC合同講演会:大西 康雄 氏「中国の『一帯一路』構想と対外経済政策の新展開」

第172回WTC合同講演会:大西 康雄 氏「中国の『一帯一路』構想と対外経済政策の新展開」

今回の合同講演会では、日本貿易振興機構アジア経済研究所新領域研究センター・上席主任調査研究員の大西康雄氏をお迎えして「中国の『一帯一路』構想と対外経済政策の新展開」(仮)というテーマで講演して頂きます。皆様の奮ってのご参加をお願い致します。

【講師】大西 康雄 氏:日本貿易振興機構アジア経済研究所新領域研究センター・上席主任調査研究員

WEB視聴お申し込みはこちら

2017年6月8日

第171回WTC合同講演会:藤崎 一郎 氏「日米関係の新たなる展開」

第171回WTC合同講演会:藤崎 一郎 氏「日米関係の新たなる展開」

今回の合同講演会では、一般社団法人日米協会会長/一般社団法人世界貿易センター東京副会長であり、前駐米大使を務めた藤崎一郎氏をお迎えして「日米関係の新たなる展開」(仮)というテーマで、トランプ新政権発足後の新たなる日本との関係を世界情勢を踏まえ今後の展望について講演して頂きます。皆様の奮ってのご参加をお願い致します。

【講師】藤崎 一郎 氏:一般社団法人日米協会会長/一般社団法人世界貿易センター東京副会長

WEB視聴お申し込みはこちら

2017年2月2日

第170回WTC合同講演会:若島 司 氏「コニカミノルタの「エンパワーメント経営」~「健康経営」と「働き方改革」」/WTC青年部とのパネルディスカッション

今回の合同講演会では、第一部講師にコニカミノルタ株式会社 常務執行役人事部長 若島 司 氏をお迎えして『コニカミノルタの「エンパワーメント経営」~「健康経営」と「働き方改革」』というテーマで講演して頂きます。第二部はWTC青年部と、ヒューマン・フロンティア株式会社 代表取締役社長 神沢 裕 氏をコ-ディネーターにお迎えして講演会の内容につきパネルディスカッションを開催させて頂きます。
また今回は、第一部と第二部の間にコーヒーブレイクでの名刺交換会を開催させて頂きます。皆様の奮ってのご参加をお願いします。
【第一部・講演】
<講師>
若島 司 氏:コニカミノルタ株式会社常務執行役人事部長
【第二部・パネルディスカッション】
<パネリスト>
若島 司 氏:コニカミノルタ株式会社常務執行役人事部長
瀬戸 慶太郎:WTC青年部部長/株式会社エンターテック代表取締役社長
片山 謙之介:WTC青年部幹事長/有限会社片山工業代表取締役
大達 一賢:WTC青年部/エジソン法律事務所弁護士
<コーディネーター(予定)>
神沢 裕 氏:ヒューマン・フロンティア株式会社代表取締役社長

WEB視聴お申し込みはこちら